デジタルイラスト

写真加工能力の低さはイラスト作成でカバーできる

情報媒体の素材として使ったり個人的に楽しむことを目的として写真加工する際には、その技術の経験年数や向き不向きによって仕上がりに個人差が出てきます。
自身の思い通りに写真加工ができない現実に直面しても、決して悲観することはありません。
写真加工能力が低ければ、イラストを作成することによってカバーすることが可能だからです。
写真加工を施したい部分にイラストを重ねると、ポップで独自性のある作品に仕上がります。
プロフェッショナルが写真加工を行ったときのような美麗さの要素は少なくなりますが、イラスト作成者の思いが込められるようになります。
結果として、イラストを見た人物からの好感度が高まる結果につながることが期待できます。
クリエイティブな作業では、特定のスキルに秀でている必要はありません。
自身が持つスキルを組み合わせることによって、他者には再現することができない独自性のある作品を作り出すことができるからです。

デジタルイラストや写真加工について

デジタルイラストや写真加工をするにあたって知ってると作業効率があがるコツはたくさんあります。
デジタルイラストはペンタブレットやスキャナなどの機器が必要ですが、写真加工はマウスだけでも練習するとできるようになります。
写真加工は専用のソフトが必要で値が張るものから無料のものまでいろいろあります。
多くの写真加工ソフトは無料で試用できる期間があるので一回使ってみて気に入ったものを選ぶといいです。
写真加工に必要なのは慣れでソフトの特性や色彩感覚などを持っていないとできません。
きれいな写真を作りたければうまい人の真似をすることからはじめるのがおすすめです。
これはデジタルイラストも同じでうまい人の絵をよく観察して技術を学ぶとよいです。
デジタルイラストのソフトは無料のものでも使い勝手がよいものが多く、まずは無料のもので練習してからほしい機能があったら有料のソフトを使ってみるのもいいでしょう。
作品に正解はないのでまずは自由に作ってみるのもいいと思います

pickup

レッグウォーマーで冷え対策をする

Last update:2017/8/10

Copyright (C) Photo Asobi. All Rights Reserved.